早期経営改善計画とは?

カナリ総合会計事務所は「経営革新等支援機関」です。
 
経営革新等支援機関の支援を受けることにより、企業は様々なメリットがあります。
 
今回はその中の一つである「早期経営改善計画」について解説していきます。
 
 
 

制度説明

中小企業者は、既存の借入について返済条件変更等の金融支援(いわゆるリスケ)をしてもらうほど深刻な経営状態ではないものの、業績や資金繰りに不安がある、赤字から黒字に転換できない等の問題を抱えています。
 
深刻な事態に発展する前に経営改善をすべきだと思っているものの、どうしていいか分からない、そんな経営者を支援する目的で創設されたのがこの「早期経営改善計画策定支援事業」です。
 
この制度の特徴として、計画策定のために経営革新等認定支援機関の支援を受ける場合、専門家に支払う報酬の2/3(最大20万円)が補助金として支給されるというものがあります。

● 資金繰りが不安定
● 売上が減少している
● 自社の経営成績や財産状態を客観的に把握したい
● 専門家から経営に関するアドバイスが欲しい
● 経営改善の進捗についてフォローアップをお願いしたい

 
上記のような経営者にフィットすると言えるでしょう。
 
 

制度利用の流れ

カナリ総合会計事務所では経営力向上計画の取得支援を行っております。
 
計画策定をお考えのお客様は一度ご相談ください。